ブラウン系でナチュラルに

三白眼がコンプレックス

私は目が大きいです・・・が、瞳は小さいです。俗に言う、「三白眼」に近い目をしています。

「三白眼」とは、白目に対して黒目が小さく、白い「余白部分」が黒目の下側にもできてしまうことです。このため、眠そうな目に見られたり、目ツキが悪く見えることで、第一印象の性格もキツく見られがちでした。

三白眼は決して悪い目ではありません。性格がはっきりしてそうにも見えるし、海外ではセクシーな目元にも捉えられます。ですが、私は可愛い格好がしたい!そのためには、「黒目がちなおめめ」というものに憧れを持ちます。

また、「色素薄い」系の雰囲気が好きなので、行き着く先はカワコンだったのです。

そういうわけで、「可愛い子」になるために、大学入学を期に、カラコンデビューも果たしました。

盛りすぎずナチュラルに仕上げるコツ

私はナチュラル重視です。派手になりたいわけではなく、あくまでも「ナチュラルに」。

生まれつき瞳の色素が薄い子、そういうのを求めています。

なので、絶対に、色はブラウン〜ヘーゼルです。最近は「チョコ色」という色ジャンルも出てきましたが、こちらはブラウンよりも暗いため、滅多に選びませんが、

ブラウンよりも自然なため、り自然です。フォーマルな場でも使い勝手が良いので、場合によっては購入します。

逆にヘーゼルは、黄色に近い色味なので、遊びに行く日に使用します。

次に重要なのは「フチ」。カラコンには着色されている円のフチに黒や茶色で「縁取り」されていることがほとんどです。

フチ有りの方がもちろん盛れます(実際よりも可愛く、または派手に顔を映えさせる)が、私は化粧もそこまで濃くはないので、逆に目だけ浮いてしまいます。

なので、フチ無し、または茶色のフチ有りを選びます。

着色直径は自然な14〜14.5mmが好みです。しかし、日本人女性には大きめが好まれるので、着色直径が小さめなものは意外と少ないです。

自然なのに印象は結構変わる

装着してみて変わる点は「印象」です。

黒目が大きくなることで、簡単にワンランク上に可愛くなることができます。

また、茶色がちで大きい目は、それだけで愛護欲をそそられるのではないでしょうか(実年齢にもよりますが・・・)。

キリッとした目元も涼しげでかっこいいですが、瞼や目元が厚めが多く、丸顔がちな日本人は、丸目を目指す方が「可愛さ」を目指したとき、てっとり早いのです。

最近では男性もカラコンをしているのをよく見かけます。

あまり着色直径の大きいものは似合う男性は極端に少ないと思いますが、自然に、おしゃれとしてカラコンをしている男性は、美意識が高いなと感じます。

確かに、話として「男だけどカラコンしてる」と聞くと、少し引いてしまう女性も結構いると思います。

女性にとってカラコンはメイクと同じ感覚なので、男性が「カラコンしている」と宣言することは、「自分のキッチンに入られた・・・」くらいで感じます。

しかし、自然に、爽やかかつ愛嬌のある目元の男性は、やはりそちらの方がモテるのではないでしょうか。見た目が全てですので。

ページのトップへ戻る