自分の目に合ったカラコン選び

自分の目に合ったものを選ぶことが大事

色々な種類のカラコンが売られていますが、社会人でお堅い職場の方や一定の年齢以上の方(30代以上の方など)は余り「カラコン入れています!」ということが分かると痛々しくなってしまうことが多いと思います。

加えて、余り黒目が大きいと「ロボットみたい」「宇宙人みたいに見える」と実際に言われたことがあるので、黒目の直径が大きいと表情が消えて不自然に見えるということが経験から分かりました。

最近言われるオトナ女子はいかに自然にこっそり盛れるかが大事かと思います。

着色直径が小さいものを選ぶということが一番自然な瞳になるポイントになります。

小さいと言っても、基本的には自分の黒目の大きさと同じか少し大きいくらいのものを選ぶということですね。

標準的なカラコンよりも少し小さい直径のものを選んだら「不自然」とか「怖い」と言われなくなりました。

黒目の周囲もクッキリしたものより若干ぼかされている模様が入っている方が自然のようです。

⇒関連ページ:カラコンはフチありグラデーションタイプでナチュラルに!

色はブラックだとちょっときつい(クール)な印象になり、ブラウンだと優しいふんわりとした柔らかい印象になるようです。私は「黒目直径の小さい、ブラウンのナチュラルなカラコン」を使用しています。

どんな顔になりたい?

カラコンの色の選び方としましては、まず、「どんな顔になりたいか」で決まります。

かわいい系のアイドルのような純粋な顔立ちになりたい場合は幼い子供のような黒目がちになる外フチが黒いレンズです。

黒目がちな目は幼い幼児を連想させる為、かわいいという印象を与えます。また、違和感がないので初心者の方でもトライしやすい色で、失敗なく普段使いできるお色です。

次にハーフ顔になりたい場合は髪の色に合わせて黒以外のグレー・茶色など明るい色のレンズです。
髪の毛の色と色味を合わせることでよりなりたいハーフ顔へ近づくことができます。ベタ塗りの色づけのものより、他の色が少し混ざったものがより自然に馴染みます。

また、ナチュラルでありどことなく神秘的な雰囲気を出せるのはグリーン、薄いピンク、グレー色のレンズが会うと思います。

意外な色かと思いますが、日本人の黒目は黒の色が強い方が多いのでレンズ単体の見た目より意外とナチュラルに見えます。また、日本人に多い黒髪黒目にワンポイントとしてファッションのスパイスになります。

ページのトップへ戻る